スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


操体法と操体おおほり癒養院に関する詳細はこちら!
| スポンサードリンク | |
Entry: main  << >>
他の治療法にはない操体法の特長
注意:以下は当院での操体法についての特長であり、全ての操体法に当てはまるものではありません。

1.いつでも どこでも 誰でもできる
 
 操体法は場所を選びません。立っても、座っても、寝てもどんな姿勢でもできるし、老若男女問わずに誰でもできます。身体障害者の方、赤ちゃん、寝たきりのご老人にもできます。なぜなら操体法=快適感覚を聞き分け、味わうことだからです。


2.特別な治療器具を必要としない

 操体法は本人に動いてもらって気持ちよさを味わうことが主となりますので、何も特別な道具を必要としません。柔らかくソフトに操者が素手で触れながら動きを誘導し、快適感覚(気持ちよさ、心地よさ)を引き出していきます。
 

3.症状・疾患にとらわれない

 操体法では症状や疾患にとらわれることはしません。局所にとらわれず、身体全体をひとつとみなします。どこからアプローチしても快適感覚がちゃんと通れば、全身のバランスが自然と整います。その結果として症状・疾患という身体からの警告サインも消え、回復に向かっていきます。


4.本人の感覚を聞きながらやるので安全

 操体法は他の療法のように他力的な矯正をするものではなく、本人の感覚にお伺いをたてながら「快適感覚」を探していく共同作業となります。痛みを強要せず、嫌なら嫌と遠慮せずに申告してもらいますので、少なくともやる前よりも悪くなる心配はありません。


5.気持ちよく立てる体(自然体)をつくれる

 操体法の施術を重ねることにより、歪体から正体(自然体)へと自然に変化していきます。意識せずとも臍下丹田(せいかたんでん。いわゆる下腹)に力が入るようになり、親指の付け根に重心が乗り、肩が落ち、背筋が伸びて「気持ちよく立つ」ということを体感できます。武術的にいう上虚下実(じょうきょかじつ)の状態になれます。


6.自分で自分の体を治せるようになる。メンテナンスできるようになる

 操体法の施術を何度か受けて快適感覚を味わうことに身体が慣れてくれば、家に帰ってからも自分一人で操体法することができるようになってきます。そうなればしめたものです。色々試して自分の体で遊んでみましょう。

操体法の基本概念、1人でできる一人操体法を本格的に学びたい方は一人操体法マスターコースがおすすめです。


7.体の使い方が上手くなり、スポーツ・武道などのパフォーマンスが向上する

 スポーツ・武道の前後に操体法でのメンテナンスをおすすめします。身体を壊すことがなくなり、今までできなかった動きも徐々にできるようになってきます。私は少林寺拳法をやっていますが、操体法を学んでから突き蹴りの威力UP、柔法とよばれる投げ技、関節技も格段にレベルUPすることができました。全身が連動できる体、崩れない綺麗な立ち方、合理的な体の使い方、武術的な動きなどなど・・・色々と応用が利くのが操体法のおもしろいところです。
※武道、武術を修行されている方はこちらへ!


8.視野が広まり、プラス思考になれる

 操体法は体を調整する「動」の側面だけではありません。「生かされていることに感謝する」「楽と快は違う」「欲張るな6,7割でいい」「救いと報いの違い」「息・食・動・想+環境」など日々の生活で活かせる考え方、物の捉え方である「想」の側面、人生哲学が学べます。

操体法と操体おおほり癒養院に関する詳細はこちら!
| 操体プラクティショナーりょう | 00:52 |
スポンサーサイト

操体法と操体おおほり癒養院に関する詳細はこちら!
| スポンサードリンク | 00:52 |

プロフィール


操体プラクティショナー
大堀 亮造(おおほり りょうぞう)
神戸出身、関西学院大学商学部卒。松下電器産業株式会社に6年間勤務後、脱サラ。現在は東京の吉祥寺で操体おおほり癒養院を開業中。武術研究マニアでもあります。
プロフィールの詳細はこちらをクリック!

Category

Link

Feed

Sponsored Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode