Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


操体法と操体おおほり癒養院に関する詳細はこちら!
| スポンサードリンク | |
操体法Q&A
Q「他の治療法とはどこが違うのか?」

A「主に2つです。1つは『自分で自分を治せる。自力自療が可能』ということ。もう1つは『気持ちよさを味わうことで歪みを正す』ということ。」
※「操体法の特長」の詳細はこちらをクリック!




Q「どのようなことをするのか?」

A「何も道具は使いません。痛いことはしません。こちらが誘導しながらゆっくりと動いていただいて気持ちよさを味わうことで自分の身体の歪みが改善されていきます。『身体っておもしろいな』と感じていただけると思います。」
※「施術の流れ」を知りたい方はこちらをクリック!




Q「時間はどれぐらいかかるのか?」

A「初診の場合は、カウンセリング、アドバイスなどもあわせて90分の時間をとっていただいています。施術2回目からは60分ほどとなります。皆さん、終わると時間が経つことの早さに驚かれます。必ず一人90分の枠をもうけて他のお客様と時間がかぶらないようにしています。待たされることなく、急かされることなく、じっくり施術を受けられるのが当院の特長です。」




Q「保険はきかないのか?料金は必ず決められた料金での治療になるのか?」

A「保険はもちろんききません。料金は施術効果の大小にかかわらず規定のとおりです。初回のみ6500円(初診料1500円+施術料5000円)。2回目以降は施術料5000円のみとなります。業界の平均的な値段設定の目安が10分1000円ですから、大変リーズナブルな価格設定にさせていただいています。将来も含めたご自分のからだの健康のためと考えれば決して高くはないと思います。操体法の施術を受けて高いと感じるか安いと感じるかは個人の価値観の問題となります。相性もありますし、どんな治療法であれ、100%の患者さんを満足させることはできません。せっかく操体法に興味をもたれたのであれば、これも何かのご縁でしょう。一度くらいは試しに受けてみられてはいかがでしょうか?」




Q「●●●に操体法は効くのか?」

A「やってみないとわかりません。(絶対というのはありません。これはどんな治療法でも同じだと思います)ただ言えることは、身体に聞き分けて「気持ちのよさ」を味わうことができれば、どんな症状疾患であっても必ず快方へ向かいます。これは天然自然の法則です。操体法はそれを利用させてもらっているのです。」




Q「どれぐらい通えば治るのか?」

A「人によって違います。
・ほんの数回の施術で、即効的、劇的に改善される人
・多少日数はかかるが、徐々にじわじわと改善していく人
・一定期間の間、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、ある時期を境にして改善していく人
・一定期間の間、まったく変化しないが、ある時期を境にして改善していく人
 というようにタイプも様々なのです。
操体法は基本的に「気持ちよさを味わいながら、自分で自分の身体を治す」ものです。ですから、施術後に「家でこういうことをしてくださいね」と一人でできる操体法をお教えしますので、どれだけ家でまじめにしてもらえるか?がとても重要となってきます。家でまったく何もやらない人よりは、毎日家でやる人の方が改善するのが早いです。症状疾患云々よりも、ご本人の治りたいという意志が強ければ強いほど結果はよいようです。」




Q「どれぐらいの頻度で通えばいいのか?」

A「痛みを取りたいだけの人はほんの数回で来なくなるし、じっくりと根本から体を改善したい人、何かスポーツやダンスや武道をされていて、より美しく動きたいなど高いレベルを求めている人は数ヶ月かけて熱心に通われます。要はご本人がどれぐらいの必要性(ニーズ)と欲求(ウォンツ)があって操体法を受けに来るのかによります。操体法は回数を重ねるたびに上達していきます。継続したいという人には、より効果を高めるために定期的な施術(最初は3日おき、もしくは1週間おき。症状が改善してきたら2週間おきで約3ヶ月間はできるだけ間を空けずに続けていただく)をおすすめしています。」
メニューの選び方も併せてご覧ください!

※「最初に間を空けずに来て正解だった」というお客様の声はこちらをクリック!

※「2回目は1回目のときと感覚が違った!」というお客様の声はこちらをクリック!
 



Q「施術を継続して受けることによって、どんな効果が現れてくるのか?」

A「定期的な施術(最低月に2回以上)を継続すること(3ヶ月以上)による効果効能は以下の通りです。

・身体の意識が芽生え、自分の身体が今どうなっているのか?どこがどう疲れているのか?凝っているのか?が自覚できるようになってくる(感覚が敏感になれば、無理して壊すことが無くなる)

・コツが分かってくれば、自分で自分の身体を治せるようになってくる。

・全身のバランスが整うにつれて、身体に蓄積していた毒素(ストレスなど)が積極的に排出され、血行・新陳代謝がよくなり、冷え性、便秘、不眠症などの体質が改善してくる。肌つやがよくなる。顔の左右差が軽減してくる。噛み合わせがよくなってくる。

・長年患っていた原因不明の症状疾患が改善してくる

・上半身の力が抜け、下腹(丹田・たんでん)に充実感が生まれ、元気が出てくる。(操体法の後に気功、ヨガ、太極拳などをすると大変効果が高まります)

・地に足がついて安定した美しい立ち姿になってくる。(踵側もしくは小指側に偏っていた重心が親指側にも乗るようになり、満遍なく足裏全体で自然と立てるようになってくる)

・より美しく綺麗な姿勢で「立つ」ことができるようになってくる。(猫背の改善には著しい効果があります!)

・「立つ」ことのレベルが上がることにより、より美しく「歩く」ことができるようになる。膝がスッと挙がるようになり、軸足がぶれなくなることから、ころんだり、つまずいたりすることが減ってくる。電車に乗ってもフラフラしなくなる。

・歪みがなくなってくると体がよく響くようになるので、コーラスなどのときに、声がよく出るようになる。

・全身のバランスが改善されてくるにつれて、スポーツ、武道などの「動き」が改善される。(突き蹴りの威力UP、運歩・フットワークの改善など)

・五感(味覚、嗅覚、聴覚、視覚、触覚)が敏感になる。第六感といわれる勘、直感が鋭くなり、危機回避能力が高まる(不快な感じに敏感になってくる)

 などなどです。以上の声は実際に体感していただいたお客様の声から抽出したものです。ゆっくりと時間をかけてご自分の身体と向き合いたい方には体質改善コースがおすすめです。操体法は痛くなくなったから終わりというのではなく、死ぬまで一生付き合うご自分の身体と対話する習慣、お手入れをする習慣を身につけるものです。当院を利用しながら操体法を自分のものにしていただければ幸いです。」

※定期的に操体法の施術を受けられたお客様の喜びの声はこちらをクリック!




Q「操体法は動けない人にはできないのか?」

A「動けない人でも皮膚への触れの操法で施術できます。動くことでよくなるわけではなく、気持ちよさを身体に聞き分けて味わうことによって改善していくのです。」




Q「操体法でよくならないのはどういう症状・病気か?」

A「緊急手術を必要とするような大怪我、病気。細菌・ウイルスなどの感染による病気などは対象外です。(操体法で免疫力を高めることはできますが)また、器質的な破壊(骨の変形など)が著しく起こっている場合は進行を食い止めることは可能ですが、元の状態にまで完治することは難しいです。」




Q「高齢者、障害者、妊婦、子供にもできるのか?安全性は?」

A「操体法は整体やカイロのように骨をボキッと鳴らせて他力的に矯正したり、マッサージのように筋肉を揉んだりすることはしません。本人の感覚にお伺いをたてながら行うので、やる前より悪くなることはありません。非常にソフトなので、誰でも安心して施術を受けることができます。ちなみに私はホームヘルパーの資格を持っていますので、高齢者、障害者の方により配慮した施術を行うことができます。妊婦の方への操体法施術も好評です。歪みを整えることにより、ご本人の体調改善のみならず、お腹の赤ちゃんにも好影響があります。また操体法は家庭でできるお子様への健康法としても最適です。お子様の施術を見学していただけば、持ち帰って家庭でもできます。過去に女性は6歳〜88歳。男性は12歳〜79歳の施術実績があります。」


★是非、併せてご覧ください↓

操体法施術レポート「妊婦さんを操体法!」はこちらをクリック!

操体法施術レポート「6歳の子供に操体法」はこちらをクリック!

・妊婦さんの操体法施術レポートはこちらをクリック!





Q「今、他の治療を受けているのだが併用して問題はないのか?」

A「操体法は本人の身体を本来あるべき元の姿へ戻すお手伝いをするだけですので問題ありません。かかりつけのお医者さんがおられる場合は、補完しあうような関係が理想的です。」




Q「精神的な病気、ストレスなどにも効くのか?」

A「心と身体はお互いに関与しあって連動しています。精神的な病気、ストレスを持っている方にも必ず身体の歪みがあります。精神病に直接的に効くというわけではありませんが、自分の身体を見つめなおし、リラックスしながら身体のバランスを整えていくことにより、二次的に心の面にもよい影響を与えることができます。操体法はどんな症状疾患であっても試してみる価値は十分あります。」




Q「操体法に向いているのはどういう人か?」

A「過去の施術経験上、以下のような人に向いているようです。

・自分の身体は自分でメンテナンスしたいという自立心のある人

・もっとこういう風になりたいという明確な意志のある人

・今の自分を変えたい人、自分の新しい可能性を発掘したい人

・前向きで向上心のある人

・何か一つのことを追究している人、研究熱心な人

・『1回で全部治してくれ』というように他人任せではなくて、『自分の力でゆっくりと治して行きたい』という人

・スポーツ、ダンス、武道・武術をされていて身体のことをもっと知りたい人」




Q「操体法にも好転反応はあるのか?」

A「好転反応とは体質が良くなっていく段階で、それまで体内に蓄積されていた有害な物質(毒素・ストレスなど)や、体内活動を阻害していた要素が排泄され、滞っていた生体の機能が動き始めるため、一時的に変調をきたすことです。「身体がだるい」「身体が火照る」「倦怠感を感じる」「関節が痛む」「下痢、嘔吐がある」「微熱が出る」などなどで、個人個人の身体の状態により千差万別で表れるものを言います。操体法の施術後、特に初診の方においては好転反応が出ることがあります。ご自身の症状が一時的に悪化したように感じる場合もありますが、普通は2〜3日もすればおさまります。好転反応が出た場合は、体が回復に向かっている証拠。好ましい反応ととらえてください。」




Q「良いことばかり書いているが操体法の欠点はないのか?」

A「人に説明しにくいこと。実際に体感してみないとわからないこと。人によって施術後の満足度、評価の差が大きいことです。(これはどんな治療法でもそうでしょうが)お客様の声で書いてあることは事実ですが、全ての人に同じ結果が出るわけではありません。同じものを食べても人によって、「すごく美味しい」「美味しい」「まずくはない」「わからない」「あまり美味しくない」「まずい」「すごくまずい」というように感覚が違うのと同じです。操体法的には「わからない」人が一番難しい人です。感覚が鈍ってしまって「気持ちよさ」が分からない人、健康度が激しく落ち込んでしまっている人、症状疾患に長い歴史を持っている人ほど、定期的に加療していかねば効果が出てこないことが多いです。」

操体法と操体おおほり癒養院に関する詳細はこちら!
| 操体プラクティショナーりょう | 00:52 |

プロフィール


操体プラクティショナー
大堀 亮造(おおほり りょうぞう)
神戸出身、関西学院大学商学部卒。松下電器産業株式会社に6年間勤務後、脱サラ。現在は東京の吉祥寺で操体おおほり癒養院を開業中。武術研究マニアでもあります。
プロフィールの詳細はこちらをクリック!

Category

Link

Feed

Sponsored Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode